株式会社 マブチ・アイ・コーポレーション

商品紹介item

Eyepad

Eyepad(アイパッド)

Eyepad(アイパッド)

【送料無料】9,800円(税込)
■眼精疲労回復補助グッズ・近視トレーニング治具
■フリーサイズ(子どもから大人までご利用できます。)
■[簡易視力表][使用方法書]付き

特許名 近視矯正治具
特許番号 特許第4403584号

商品のご購入・お問い合わせ

Eyepad(アイパッド)
Eyepad(アイパッド)
Eyepad(アイパッド)
Eyepad(アイパッド)

Eyepadについて

日頃から目の疲れを感じる方へ

日頃から目の疲れを感じる方へ
Eyepad(アイパッド)は、目の疲れを感じた時に使用していただきたい商品です。この商品の特徴はゴムバンドによる押圧と、自分自身で眼球を動かす目のトレーニングをする事によるマッサージ作用から派生する相乗効果で、目の疲れを解消し、視力改善も期待できる器具になります。
時間が掛りますが、近視の方(小学生から老年まで年齢問わず)にも効果がありますので、自分自身で視力回復を望まれる方は是非ご利用ください。近視度が軽い程、回復が早いです。

強い眠気も解消
目を動かして効果を引き出す器具です。
立っても座ってもどんな態勢でも使用が可能できるのもポイントです。
眠気覚ましの際や、「疲れた」と感じた時にご利用ください。

使用方法

1回4分程度で強い眠気も解消

1回4分程度
コンタクトレンズ、メガネをはずして瞼(まぶた)の上より目が痛くない程度で使用します。自分自身で眼球を、左右(20~30回)、上下(15~20回)、右廻り・左廻り(交互に各5回[計10回])と、1回4分前後、朝昼晩と1日5回前後ゴムバンドを調整して使用します。
眠気覚ましの際は、「疲れた」と感じた時にご利用ください。

■POINT
強い眠気の際は、普段よりもゴムバンドを少し強め(少しきつく)にしてご使用ください。

近視矯正について

特許証

近視の70%~80%は角膜の屈折に原因があり、仮性近視の状態から時間が経過する事で、真性近視になっていきます。この角膜を矯正しなければ無理ではないかと思われます。
●医師による角膜を削り取る事で角膜の屈折を緩めるレーシック手術で、すぐ矯正できる大きいメリットはありますが、稀に訴訟問題に発展する場合や、その後のケアが必要な場合があります。
●眼科での特殊レンズ(コンタクト)を夜間眠っている時間帯に装着し、起きたときに外すという方式のオルソケラトロジーがあります。中止した場合使用前の視力に戻りレーシックのようなリスクがない利点が有ると云われています。
●当社代表が発明・開発した近視矯正治具・Eyepadがあります。
この方式は前述のように瞼の上よりパッド(国産シリコンゴム)にて押圧して自分自身で眼球を動かしそのマッサージによって派生する相乗効果にて角膜の屈折を緩ませ改善に向かわせます。

近視矯正について
■特許証

Eyepad(アイパッド)は、約50年待望しましたが、世界の誰も、自分が望む(家庭で手軽に改善する事が可能な)発明者が出現しませんでしたので、自らスポーツ科学に基づいて考案し、国際特許事務所にて国内及びアメリカ2ヶ所、ドイツ1ヶ所で調査した結果、類似特許がなく取得した特許です。この器具は、パッド部分が重要で硬すぎず柔らか過ぎずの度合いと形状などに試行錯誤を繰り返し開発しました。使用すると目も活性化しますので、その他の20%前後の毛様体、軸性などにも有効と思われます。改善後は使用を止めてもオルソケラトロジーと違いそのまま維持できる利点があります。
この器具は、時間が掛かりますが、一般的には手術以外では不可能と言われている0.1以下の強度の近視にも有効です。

視力が低下する仕組み

日本人は眼の構造や生活習慣により、近視になっている人が多いとされています。近視になっている方の多くは視力回復を願っているでしょう。効率よく視力回復させるためには、視力がどのように低下する仕組みになっているのかを知る必要があります。

外部からの光は、まず角膜で約75%位屈折しつづいて水晶体で約25%位屈折して微調整され、網膜にピントが合わされ像が結ばれます。近視とは角膜や水晶体の屈折力が強すぎたり、角膜から網膜までの長さ(眼軸)が長すぎるために、網膜の手前でピントが合ってしまい網膜にきちんと画像が結ばれない状態です。遠くは良く見えなくても近くは良く見える状態です。遠視は屈折力が足りなかったり、眼軸が短いため、網膜の後ろでピントが合い、近くも遠くも見えにくい状態になっています。

視力の低下について

近視による視力低下は、上記のモノが見える働きをする機能に問題があります。
■ 角膜が厚くなったなどで屈折が強くなった(角膜の1mmの何分の1で近視改善)
■ 水晶体の厚さを調節する毛様体の働きが悪くなった結果、水晶体が厚くなり屈折が強くなった
■ あとは、まれに成長期に眼軸が少し長くなったことで網膜の手前でピントが合うようになった

などがあります。

視力回復治療

視力回復治療には、手術による方法、専用コンタクトを使用して眼球の形状を変化させる治療方法などがあります。これらの治療方法は高額であることがデメリットです。手術は不安だから、できるだけ手術しないで視力回復する方法を選びたいという方が多いかと思います。

そこでおすすめなのが、当社の近視トレーニング治具であるEyepadです。
Eyepadは自分自身で眼球を動かしトレーニングができます。また、ゴムバンドによる押圧と眼を動かす事で生まれるマッサージにより角膜の屈折を弱めたり、又は眼球全体の活性化,及び眼軸の改善になるのか、近眼に良い結果をもたらします。遠くが見えにくい近視の方、眼が疲れやすい方向けの商品です。

コンタクトレンズのデメリット

視力矯正としてメガネを使っていても、利便性などからコンタクトレンズに切り替える方も多いと思います。最近は、いろいろなコンタクトレンズがあります。
手ごろな値段で購入できたり、ファッション面にも効果的なカラーコンタクトなども販売されているのでコンタクトレンズを使用している方が増えています。しかし、誤ったコンタクトレンズの取り扱い方法をしている方も多くなり、トラブルが増えていることが問題となっています。

コンタクトレンズの種類

視力矯正アイテムとして人気の高いコンタクトレンズには、いくつかの種類があります。コンタクトレンズの種類とその特徴について紹介します。

■ハード
黒目より小さく固めのコンタクトレンズです。ハードタイプのコンタクトレンズは酸素を通す素材なので、眼の呼吸を妨げないコンタクトレンズとなっています。
■ソフト
黒目より一回り大きなサイズで柔らかいコンタクトレンズです。ソフトタイプにはさらに種類があり、水分を多く含むもの、酸素透過性が高いものなどがあります。異物感を感じにくいので、コンタクトレンズ初心者におすすめです。

コンタクトレンズは眼に悪い

どんなコンタクトレンズでも、眼にとっては異物です。毎日のコンタクトレンズのケア、コンタクトの使用時間・使用期限を守らなければ眼に何らかの悪影響を及ぼします。コンタクトレンズを使用している方の間でもっとも多いトラブルがアレルギー性結膜炎で、耐え切れないかゆみが眼を襲い、赤く充血してしまいます。他にも、点状表層角膜症や角膜上皮びらんなどといった障害が起こることもあり、失明などの危険性があります。

誰もが視力矯正はできるだけ安全な方法で行いたいものです。当社では、視力矯正におすすめのグッズを取り扱っております。手術や眼の中に異物を取り入れるといったものではなく、自宅でも簡単に視力矯正ができるトレーニンググッズです。ぜひ安全性を重視した商品ですのでお試しください。

視力低下につながる生活習慣

現代人は昔の人に比べて視力が低下しているといわれており、視力が悪いことが悩みになっている方は多くいらっしゃるかと思います。視力低下は生活習慣とも関係が深いです。どのような生活習慣が良くないとされているのかをまとめました。

姿勢

猫背など悪い姿勢でパソコンや勉強をするとだんだん視力が低下してしまいます。姿勢が悪いとだんだんパソコンの画面や手元の本からの距離が近くなってしまいます。そうなると眼の水晶体の厚みを調整する毛様体が長時間緊張状態となったことで調整能力が下がってしまい、視力が低下してしまうのです。できるだけ画面や本などからの距離を遠くし、毛様体の緊張を少なくするように心掛けましょう。また、猫背は血行不良の原因となります。目にも十分な血液が行き届かない原因となり、これもまた視力低下につながります。

運動不足

眼の健康を保つために酸素が欠かせません。運動不足ですと、血行不良になってしまいます。その結果、体の末梢部分に血液が停滞してしまい、血液の循環が悪くなります。血液の循環が悪くなると酸素が目の網膜や筋肉に届かなくなり、視力低下につながってしまうこともあります。つまり、運動不足を解消することは、血行が良くなるので視力低下予防にもなります。

睡眠不足

睡眠不足は、視力低下に大きく関係しています。起きている時間が長いとそれだけ目を使用するので、眼に負担をかけてしまいます。正常に体の機能が働くように保つためには6時間の睡眠が必要です。それは、目に対しても同じことが言えます。目と脳は近い場所にあるので、脳に蓄積された身体の疲れは目に表れやすいと言われています。慢性的な眼精疲労は視力低下の原因にもなるので、適度な睡眠で身体全体をリフレッシュすることが視力低下防止にもなります。

■POINT
このように生活習慣は健康だけでなく、眼にも悪影響を及ぼします。視力回復には、生活習慣を正しくすることと正しい目のトレーニングが欠かせません。当社のEyepadは、近視の方や眼精疲労に悩まされている方におすすめです。Eyepadを使用して、安全で効果的に目のトレーニングを取り入れましょう。

つらい眼精疲労

近視で困るという方の多くは、眼精疲労にも悩まされています。眼精疲労は目にだけでなく様々なところに症状が現れることがあります。身体の不調、もしかしたら眼精疲労が原因なのかもしれません。

目に現われる症状

眠ったり休憩したら解消できる目が、疲れる、重い、痛いなどの症状は疲れ目だとされていますが、目を休めても症状が続く場合は眼精疲労だと区別されます。他にも、かすむ、充血する、まぶしいなどの症状があります。また、眼精疲労になっても放置しているとドライアイになり、常に目が乾いた状態になってしまいます。

身体に現われる症状

眼精疲労は、目にだけでなく身体にも様々な症状をもたらします。頭が重く感じる、頭痛、肩こり、全身のだるさ、吐き気、めまい、胃痛、胃もたれなども眼精疲労の症状であると言われています。身体にまで、眼精疲労の症状が現れることは相当目を酷使していると考えられます。適度に目を休ませる工夫をしましょう。

精神面に現われる症状

精神面に現われる症状は、眼精疲労によるものだと気付きにくいです。眼精疲労が原因で、イライラしたり、無気力な状態になってしまうこともあります。ひどい時にはうつ的な症状も現れることもあるでしょう。なかには、不眠になる方もいらっしゃるようです。

■POINT
眼精疲労の症状は人それぞれです。できるだけ症状が軽いうちに対策をすることをおすすめします。眼精疲労は、目の瞬きを増やすという簡単な方法でもある程度は解消されます。さらに本格的なトレーニングでしたら、当社のEyepadという近視トレーニング治具を使用するやり方が効果的です。このEyepadを使用したトレーニングは眼精疲労だけでなく、視力UPを希望している方にもおすすめです。

目の疲れを改善するには

目の疲れに対する知識を蓄えていれば、より疲れ目の回復に努めることができます。現代には、目の疲れ解消法として様々な情報があります。マッサージ法が紹介されていたり、解消グッズが販売されていることもあります。こちらでは、目の疲れに重要な知識をご紹介します。目の疲れを感じている方は、ご参照ください。

栄養面

健康な体を手に入れるには、しっかりと栄養を摂取することが大切です。目も体の一部なので、毎日の食事が大切になってきます。最近では、栄養補助の役割として様々なサプリメントが販売されています。それらも生活に取り入れることで、より健康的な体を維持することができるでしょう。視力に悩みがある人が、まず摂取するべき栄養素としてアントシアニン・ルテインがあります。この2つの栄養素は、水晶体や目の疲れなどに効果があります。ほうれん草やケール、ブルーベリー、カシスなどに多く含まれている栄養素です。栄養をしっかり摂取することで、目の疲れも改善することができます。

運動面

視力の改善を考えるのであれば、目に関する運動も大事です。眼球を左右上下と動かしたり、右回りで動かす、左回りで動かすなどこれらの運動をすることで緊張していた筋肉を和らげることができます。筋肉を和らげることで、目に疲れも溜まりにくくなります。当社で販売しているグッズも目の運動をする際におすすめです。運動とマッサージの相乗効果で疲れ目の改善をサポートします。

休息面

目の疲れを感じたら、目を休める時間を取りましょう。近年では、パソコンを使用した業務が増えています。パソコンで目が疲れるのは、字を読みやすいようにするため筋肉が緊張するからです。筋肉が緊張したままだと眼精疲労につながります。そうならないためには、短い時間でも筋肉の緊張を解く時間が必要です。強くまばたきをする、遠くを眺める、蒸しタオルで目を覆うなどの対処を取ることで、緊張していた筋肉を和らげることができます。

■POINT
疲れ目の改善には、これらのことが言われていますが、Eyepadは4分前後の短時間で改善に向かわせます。日々の生活にも気を遣いながら、目の疲れ改善に努めましょう。

視力回復手術の注意点

現代では簡単な手術を受けることで、視力を回復させることができます。メガネやコンタクトを使用せず、視力回復すれば見る世界も変わるでしょう。このようにとても魅力的な手術を受けることができるようになりましたが、デメリットもあるのです。手術は簡単に決めることはできませんから、デメリットを知った上でご検討されることをおすすめします。

手術を受ける人には条件が求められる

未成年の方(眼球も成長期であるため)、乱視が強い方(残った乱視はメガネでの補正が必要になるため)、ご年配の方(老眼は対応できないため)、もともと角膜が薄い方、目の病気や糖尿病をお持ちの方はレーシック手術を受けることができないのです。ほかにも求められる条件があるので、レーシック手術を受けることができる方は限られるのです。

不安定な生活

レーシック手術を受けて視力が回復しても、安定するまでは時間がかかってしまいます。そのためスポーツをされている方は運動を制限されるのです。視力が不安定になってしまうと、精神的にも不安定になることでしょう。安定するまで長くて約半年、不安定な生活が続くかもしれないのです。

歴史が浅い

レーシック手術が日本で受けることができるようになったのは、2000年です。そのためまだまだ歴史は浅く、レーシック手術を行っている病院全てが高度な技術を持っていると考えることはできないのです。角膜を削る手術なので、安心できないという人も多いです。

費用がかかってしまう

世間で話題になっているレーシック手術は、角膜のカーブを変えて視力を回復させるという方法です。簡単な手術として有名になりましたが保険適用外のため、手術にかかる費用が高額になってしまうというデメリットがあります。視力を回復できるものなら高額な費用をかけても受けたいと考えられている方もいらっしゃいますが、できることなら費用をおさえた回復方法や治療を選びたいと考えられている方が多いのではないでしょうか。

■POINT
上記が視力回復手術のデメリットになります。手術しないで視力回復できるトレーニングもありますので、自分にあった方法を選択することも大切です。

目の健康を維持する方法

毎日使う目は、白内障や緑内障、ドライアイなど様々な病気を引き起こしてしまうことがあります。パソコンを使用される方も増えたため、日頃から目を守ることを意識しなければいけません。こちらでは目の健康を維持する方法をご紹介します。

外出する時は、UVカットのサングラスをかける

目に紫外線を受けてしまうと、角膜に炎症を起こしてしまい角膜炎や白内障を招いてしまいます。症状が重くなってしまうと、失明の危険性もあるので日頃から紫外線対策を行うことをおすすめします。直接日光を見なくても、紫外線は地面で反射する特徴があります。サングラスをかけて紫外線を受けないようにしましょう。

蒸しタオルで温める

目元を温めることは血行改善に繋がります。お湯で温めたタオルを目元に置いて目を休ませましょう。すぐにタオルが冷めてしまうという方は、電子レンジで温めるとより温かいホットアイマスクを作ることができます。誰でも自宅で簡単に取り組める方法なので、目の疲れを感じたら蒸しタオルで目元を温めましょう。

PCメガネを使用する

パソコンの液晶画面からはブルーライトが出ています。パソコンを長時間使い続ける方は、長時間ブルーライトを受け続けていることになるのです。ブルーライトは疲れ目の原因になるので、目の健康を維持するならばカットすることをおすすめします。現代ではブルーライトをカットするPCメガネが登場しているので、長時間パソコンを使い続けるという方や、コンタクトなどの視力矯正をされている方は、目の疲労を予防するためにもPCメガネに切り替えてみてはいかがでしょうか。

目のトレーニングをする

目の疲労や視力の低下に悩まされている方は、専用グッズを使ってトレーニングを行うことで、目の健康を維持することができます。特にメガネやコンタクトレンズなどの視力矯正をされている方は、疲れ目やストレス軽減のためにもおすすめです。

■POINT
目の健康を維持するならば、日頃からこのような方法を実践されてみてはいかがでしょうか。当社では、安全で簡単に行える器具を販売しています。大きな病気を発症してしまう前に、早めに目の健康を意識しましょう。

眼精疲労の原因

眼精疲労を引き起こしてしまうと、視力低下の恐れもあります。眼精疲労を予防するためには、眼精疲労について知っておくことが大切です。こちらでは眼精疲労の原因をご紹介します。原因を突き止めて事前に防止しましょう。

調整機能の低下

眼球の内部には網膜と呼ばれるフィルム、水晶体と呼ばれるレンズがあります。フィルムにピントを合わせようとすると、毛様体というレンズの厚さを調整する筋肉が活躍します。この調整機能を持っている毛様体という筋肉の機能が低下してしまうと、眼精疲労を引き起こしてしまうことになるのです。

視神経にも疲労が溜まっている

筋肉だけでなく、視神経にも疲労は溜まります。パソコンを使うことで、パソコンの液晶から光や色の刺激を受けます。長時間受け続けることによって視神経にも疲労が溜まってしまうのです。

矯正不良が起きている

視力が悪い方の多くは、コンタクトレンズやメガネを使用されていることでしょう。コンタクトレンズやメガネは、視力を矯正するために度数を設定しています。このように使用する矯正アイテムの度数と視力が合っていない場合、矯正不良が起こり眼球に大きな負担をかけてしまい、眼精疲労に繋がってしまうこともあるのです。

病気が引き起こしている

目が健康でも体に病気を抱えていると、眼精疲労を引き起こしてしまうこともあるのです。糖尿病や心臓病、肝臓病など大きな病気が原因となることはもちろん、風邪やインフルエンザ、虫歯や歯周病など私たちの身近で起きている病気が原因となることもあるのです。

ストレス

ストレスを感じるとなかなか寝つくことができない、不安感やイライラが強まることがあります。このような精神的変化が原因となることもあるのです。眼精疲労を防ぐことができてもほかの病気を招いてしまうこともあるので、日頃からストレスを溜め込まないようにすることが重要になります。

■POINT
視力が悪い方の中には、視力を回復させたいと考えられている方はたくさんいらっしゃるでしょう。まずは視力低下の原因にもなる眼精疲労を予防することをおすすめします。当社では、1回4分前後で目のトレーニングが行えるEyepadを販売しております。デスクワークなどで、長時間パソコンを見る人にもおすすめです。

お子様の視力低下・近視対策

スマートフォンでは無料でゲームやムービーを楽しむことができます。そのため、外で遊ばず室内でスマートフォンを楽しまれているお子様が急激に増えています。スマートフォンの機能性が高くなったことで、快適な生活ができるようになった部分もありますが、お子様の視力のことを考えると、はやめに対策をとらなければ近視で困る可能性もあります。こちらでは、お子様の視力低下・近視対策をご紹介します。


時間を決め、休憩時間を決める

小さなお子様はゲームやムービーを見てしまうと、夢中になってしまいます。長時間、目の近くで画面を見ていると目に大きな負担がかかります。ゲームやムービーを楽しむ時間は極力短くし、休憩時間を決めておくと良いでしょう。30分に1回は休憩をとって目の疲れを軽減させることをおすすめします。

外に連れ出す

交通機関の中やお店の中でもスマートフォンに夢中なお子様が増えており、スマートフォンを触りたいからといって外出を嫌がるお子様もいらっしゃいます。毎日長時間スマートフォンを見続けていることを防止するためにも外に連れ出して、外で遊ぶ楽しさを教えてあげるとスマートフォンから離れることができるでしょう。外で体をたくさん動かすということは、視力低下や近視の原因にもなるストレスを発散できる方法でもあります。

ゲーム感覚で視力回復トレーニングを行う

一度視力が落ちてしまうと、視力UPは大変なものです。スマートフォンやパソコンをよく使うお子様や、近視でお困りのお子様も、視力回復トレーニングを行うことで目の疲労を軽減することができます。しかし、堅苦しく視力回復トレーニングを行ってしまうとお子様は継続させることができなくなってしまうでしょう。トレーニングのやり方が簡単なものや、子供から大人まで一緒になってできるようなトレーニング方法を選ばれると、ご家族揃って楽しみながらトレーニングを始めることができます。

■POINT
当社が販売しているEyepadは子供から大人まで使用でき、短時間で目のトレーニングを行うことができます。Eyepadを使って、家族みんなで楽しみながらトレーニングしてみませんか。家族で使用する場合は家族といえども一人ひとりDNAが違いますので、使用する時はパットにサランラップを巻くか、一回ごとにパッドを洗浄してから使用してください。眼は身体から露出している唯一の内臓です、涙から体内に侵入し拒絶反応を起こしたりしますので、各人専用で使用してください。

目の疲れを軽減するパソコンの使い方

現代ではインターネットが普及したことによって、ビジネスシーン以外の私生活でもパソコンを愛用されている方が増えています。目の疲れを解消する解消グッズも数多く販売されていますが、まずはパソコンの使い方を工夫することで、目の疲れを軽減することがおすすめです。こちらでは、目の疲れを軽減するパソコンの使い方をご紹介します。


画面の明るさとお部屋の明るさを一緒にする

パソコンの画面を見るときは、お部屋の明るさをパソコンの画面の明るさと同じ明るさにする必要があります。パソコンの画面よりお部屋が暗い・明るいというように差が出てしまうと、パソコンの画面を見るためにエネルギーをたくさん消費してしまうのです。このようにたくさんのエネルギーを消費してしまうと目が疲れてしまいます。

パソコンの近くに目を休ませるものを置く

パソコンで目が疲れる原因として多いのが、長時間連続して見続けることです。パソコンの画面から目を離して休憩をさせるためにも、パソコンの近くに目を休ませるようなものを置いて最低1時間に1回は目を休憩させるようにしましょう。ブラインドタッチができる人は、文字や数値の入力中に画面から目を逸らすのもおすすめです。

目をマッサージする・視線を変える

目の疲れを感じる時は、マッサージをしてみることもおすすめです。女性の場合は、メイクをしているとマッサージができないので、このような場合は目を動かすことを意識しましょう。目を動かすことによって、遠くに見えるものと近くに見えるものを判別するピントが調節されます。ピントの距離を変えるだけでも目にかかる負担を軽減することができるのです。

ドライアイを防ぐ

パソコンの画面を長時間見る際は、瞬きを意識的に行いましょう。瞬きをしなければ、目の水分が不足し、乾燥してしまうのです。ドライアイになりますと、視力の低下だけでなくかゆみを引き起こしてしまうのです。

■POINT
このようなパソコンの使い方を心掛けることで、誰でも気軽に目の疲れを軽減することができます。ただそれだけで完全に防止することは難しいので、目の疲れ解消グッズなどを使って、目を動かすマッサージ法と併用されることをおすすめします。